活動報告

公務員の仕事を知るワークショップを開催

更新日:

12月10日と12月21日、12月22日に「公務員と一緒に進路を考えてみよう~まちづくりを通して~」をテーマに講演会&ワークショップを開催しました。オンラインと対面のハイブリッド方式での実施となりました。

私たちはコロナ禍で、学生が進路選択に関する情報を十分に得られていないと思い、おもにプログラム分属に悩んでいる社会システム土木系学科一年生、公務員志望の学生に情報提供の場を設けたいと考えました。そこで、このイベントを通して公務員に対して具体的なイメージをもってもらい、公務員のイメージを共有してほしい、進路選択の参考になってほしいという思いで今回の全3回のイベントを企画しました。

大山町役場の林原氏による講演会&ワークショップ

第1回目の講演会&ワークショップでは、大山町役場の林原壮太様にご講演をしていただきました。林原さんは、大山町役場の企画課で担当をしており、町の総合計画やまちづくり、交通政策など様々な事業に携わってこられました。公務員のリアルな仕事の話や、林原さんが実際に携われた交通空白地域の解消をするために取り組んだスマイル大山号の話など、実際にまちづくりに取り組んだ人から貴重なお話を聴くことができました。今まで想像していた公務員のイメージと違い、事務作業だけでなく現場に赴いて働く仕事も多く、非常に魅力的でやりがいのある仕事だと気づきました。

そして林原さんのご講演のあとにワークショップを行いました。今回は円形の模造紙を使ったワークショップを行いました。

ワークショップでは、参加者に3つの質問に答えてもらいました。「講演会を聞いて驚いたことや発見したこと」、「公務員になってしてみたいこと」、「公務員になるために大学生活をどう過ごしていくか」について考えてもらいました。円形の模造紙に付箋を貼ってグループのみんなで意見を共有し、それぞれの公務員のイメージ像を持つことができたり、今後の大学生活や進路について考えたりすることができたワークショップになりました。

鳥取県庁の藤井氏による講演会&ワークショップ

第2回目の講演会&ワークショップでは、講演会の部では、鳥取県県土整備部の藤井優様にご講演をしていただきました。

藤井さんは、鳥取県の県土整備部の技術企画課で担当をしており、JR鳥取駅の北口再生や、ICT技術、ロボット技術を建設現場に導入する取り組みなど様々な事業に携わっている方です。今回の第2回目のイベントでは公務員の中の土木技術職に視点を当てた講演会&ワークショップを開催しました。講演では、年々高齢化が進行するにつれ、建設業の入職者が減少しているという現状やインフラ(道路)の維持管理をすることの重要性や大変さを知ることができました。また、これからの土木技術職では、ICT技術を導入した無人化施工やUAV(ドローン)測量、橋の全体をドローンで撮影し、早く簡単に3次元データ化をするなどi-Constructionの仕事が普及しているということ、それに加えi-Constructionの人材育成に力を入れているということを知り、土木技術職の仕事内容により魅力を感じ、一度ICT技術を使った仕事を体験してみたいと思いました。

第2回目も、1回目と同様に円形の模造紙を使ったワークショップを行い、参加者には3つの質問について答えてもらいました。今回は、プラスの意見を赤色の付箋に、マイナスの意見を青色の付箋、どちらにもあてはまらない意見は他の色の付箋をはってもらいました。

すると、土木技術職の良い点、悪い点、改善点、課題がわかり、見やすくなりました。また、グループを同じ学年に揃えたことで、上の学年の意見を聞くだけや同調するだけにならず、同年代だからこそ意見を積極的に発言しやすくなり盛り上がることができました。プラスマイナスの意見や世代ごとに分けたりすることで、成果物が見やすく分析がしやすくなりました。これをもとにイベントの見直しや改善をし、今後のワークショップをより良いものにしたいです。

参加者からは、グループワークでほかの人の意見が聞けて良かったという声や、ワークショップで刺激を受けて意識が変わったという声もあり、多くの参加者がイベントに満足をしていたので、講演のあとにワークショップをするという形式のイベントを開催してよかったと感じています。

国土交通省の藤浪氏による「2040年の道路を考える」講演会&ワークショップ

第3回目の講演会&ワークショップでは、国土交通省企画課の藤浪武志様に2040年道路のご講演していただきました。

人の幸せは社会や人とのつながりから生まれるということが、研究からわかってきているのが現状です。そして、道路は人をつなぐ場所であり、子供たちの遊び場でもありました。そして今の日本の道路は車に優しく歩行者に厳しい道路となっていたりといろいろな問題を抱えているそうです。これらのような多くの問題を解決するためにいろいろな政策を教えていただきました。特に印象に残っているのは、移動できる店舗を導入するという政策です。これは、人間のニーズにあわせて移動できるためとても面白い政策でした。

 

ワークショップでは、大学の近くのとある道路の写真を見て、もっとこうした方がいいのではないかといった案出しを行いました。電柱は歩行者やそこに住んでいる人の邪魔になるので地中に埋めたらいいのではないかといった意見や、歩行者が安全に歩ける場所がないので空中にもう一つ歩行者用の道路を作ればいいのではないかといったさまざまな案が出ました。

そして、最後に藤浪さんから公務員を目指す参加者の方に向け熱いメッセージを頂き今回の講演会は終わりました。学生にとって心に響く言葉だったのではないでしょうか。

最後に

今回のイベントは全体的に参加者が少なかったこと、特にメインの募集対象だった社会システム土木系学科の一年生の参加者が少ないことが心残りになったので、ワークショップの内容や募集内容、今回のワークショップを通して分かった課題を改善し、もっと対象とする参加者を集めたいと思いました。

ツナガルドボクの2020年のイベントはこれですべて終了しました。来年も今年同様、学生の進路選択の一助となるようなイベントをどんどん開催していこうと考えているので、学生の皆さんは楽しみにしていてください。

コロナ禍で大変な時期ではありましたが、ご協力いただいた方々のはお礼を申し上げます。

来年もツナガルドボクをよろしくお願いいたします。

-活動報告

Copyright© ツナガルドボク , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.