• 地方建設業の魅力で地域創生と若者の居場所つくりを展開中!

NPOツナガルドボク中国はグループ団体を組み、様々な事業を展開しています。

以下の団体が私達のグループ団体団体です。

鳥取大学ブリッジコンペチーム

こちらの組織は、学生自らが4mの鋼製橋梁模型を製作し、Steel Bridge Competitionという大会に出場する学生チームです。

大会史上唯一最多の3度の日本一を誇るチームです!

橋梁の設計・機械工作・架設まで全てを一貫して学生たちで実施します。

自分たちで鋼材を購入し、自分たちで工場にて加工作業を行い、一つひとつの材料に魂を込め、橋梁を製作します。

応援のほど、よろしくお願いします。

「鳥取大学防災Lab.」

日本は災害立国です。もはや災害から逃れる事は不可能で、宿命とも言えます。

そんな中、鳥取大学工学部社会システム土木系学科とNPOツナガルドボク中国、鳥取県 危機管理局がタッグを組み、防災に対する啓発を日頃から学生主体で社会に働きかける組織を発足しました。それが「鳥取大学防災Lab.」です。

当団体のキックオフイベントは4月19日を予定しています。

皆さんで防災意識を高めていきましょう!

今後こちらのページで防災に関する情報を掲載したり、実際に被災地へ訪問し、実際はどんな防災グッズが必要だったのか、どんな防災グッズがあれば良かったか、地域の特産を使った備蓄飯の開発を産官学民で行っていこうと考えています。また、防災に関する勉強会も実施します。

今後こちらのページで防災に関する情報を掲載したり、実際に被災地へ訪問し、実際はどんな防災グッズが必要だったのか、どんな防災グッズがあれば良かったか、地域の特産を使った備蓄飯の開発を産官学民で行っていこうと考えています。また、防災に関する勉強会も実施します。

また鳥取大学では防災に関する活動はほぼ皆無です。

そんな背景から、鳥取大学全体での防災に関する啓発活動も、「鳥取大学防災Lab.」が率先して引っ張って行こうと考えています。

鳥大防災Lab.ではオンラインで活発な意見を交わせるよう、オンラインコミュニティを運営しています。下記URLからいつでもご参加ください。

オンラインコミュニティ「鳥大防災Lab.」参加はこちら!!

参加して頂いた場合は、必ず自己紹介をお願いします。(自己紹介が無い場合、強制退出を運営側で行う場合があります。)

どうぞ応援よろしくお願いします。